FC2ブログ
だめだめ営業マンの貯金日記
駄目な営業マンの貯金日記
06 | 2018/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

やっとで1人採用
不動産営業経験者の募集。やっとで1人採用となりました。

同業者からの紹介です。大変有り難いことです。

雇用するのに上層部と一悶着ありました。それは年齢です。
この方年齢が50代後半なんです。

上層部30代~40代がくると思っていたようですが、50代後半ということで
揉めました。この方とお話をしたところ、能力は大変高く、まだまだバリバリに
出来そうな方なので採用を決めました。

この方、前の会社でも不動産営業をしていたのですが、その会社の社長は、中学校時代の先輩のようです。
その会社の給料体制は歩合給に上限があるため、何件も契約しても給料は高くならず、
歩合給が良い会社で、上限がないところでやってみたいということで当社に応募してくださいました。

上層部に採用の報告する際には必ず聞かれます。
「なぜ、前の会社を辞めたのか?」
「なぜ、弊社に入社したいのか?」
歩合給に上限があると上層部に報告すると、そんな給料体制があるのかと興味を持ってしまい、また給料体制を変えられては困りますので、そのようには報告しませんでした。

単純に会社の社長が中学校時代の先輩で仕事がやりにくかった。
だから前の会社を辞めて、何のしがらみもないところで挑戦したいというのが志望動機ですと。

うまくすり抜けられました。

この方、いろいろな経験をされている方なので、自分も勉強になると思います。
やっと1人採用で一息つけました。

ご愛読有難うございます。

スポンサーサイト



散髪


子供の散髪・・・・


髪が伸びると、お風呂で自分が切ります。
男用のすきバサミと普通のハサミで切っていましたが、毎回大暴れの大泣き。

虐待でもしているかのような騒ぎです・・・・

暑いので、子供の髪をそろそろ切るかと思い、妻に相談をしました。
妻は得意気に「じゃ~ん!!」
と、くしのような物を出してきたのです。
「何それ??」
「あかちゃんホンポで売ってる散髪用のくし!!」
くしの中に刃があり、髪をとかすようにして髪を切ります。

これをやってみたところ超便利!!
子供は泣かず、暴れず、すいすいと髪が切れるのです。

カリスマ美容師にでもなった気分で、子供の髪を切っていると
「何それ!!モンチッチじゃん!!」
といきなり妻に言われました。
素人なので上手にできず、切り過ぎてしまい、モンチッチになっていました。
「夏だからこのくらいでもいいんじゃないか。」
「短くてもいいけど、モンチッチは・・・・」
と不満そうでした。

子供はすっきりしたようで、はしゃぎまわっていたので
良いかと思いましたが、妻は何度も子供の頭を見回して、
少し切って修正をしていましたが何か納得していないようでした。


ご愛読有難うございます

辞めたベテラン営業マン


当社で営業マンの募集をしていますが、まだ軌道に乗りません。

そんな時、以前当社で働いていたやり手の営業マンから電話がありました。
「だめだめさん、お久しぶりです。営業マン募集しているようだけど、どんな感じですか。」
「お久しぶりです。なかなか集まらないので、大変ですよ~。」
「出戻りOKですかね?」
「え!うちに来てくれるのですか?」
「可能であれば・・・・」
「来てくれれば、心強いです。確認して折り返しますね~。」
この方、歩合給見直しで辞めた方です。仕事はメチャクチャ出来るので是非入社してほしいし、この方は知識と営業力は勉強になります。

すぐに役員のところに行き、確認をしました。
答えは「NO!」
出戻りは駄目だと。ちょっと納得がいかず、「社長も同意見ですかね?」と聞くと「当たり前だ。」とだけ言われました。

まだ人数が足りてないので、社長に直談判しに行きました。
答えは「NO!」
その後役員に「NO」と言ったのに、社長のところに再度聞きにいったことが腹が立ったのか、こっぴどく怒られました。これは自分が悪いので、仕方ないと思います。

社長は「出戻り」は絶対に許さないようで、過去に一度も例がないようです。

人数が集まらない・・・・困ったな~・・・・

ご愛読有難うございました。

平成30年7月の給料
平成30年7月の給料は


350,801円

家賃   100,000
ローン  35,538
生活費  80,000

合計    215,538

因みに車のローンが今月で終わります!(^^)!

そして貯金額は・・・・・

1,453,184円

150万円に近くなってきました!!

頑張るぞ!!

ご愛読有難うございました!(^^)!
雇用契約について


先日の飲み会で雇用契約をする話をフライングでしてしまいました。
社長には取り付けていません。

まずは役員のところに行き、
「営業マンを採用する際には会社と営業マンで雇用契約を締結したいのですが、いかがでしょう。」
と伺いました。役員は忙しいそうで、適当に
「良いんじゃないか~。社長に聞いてみてくれ。」

今度は社長のところに行き同じ話をしました。
「役員は何て言ってるんだ?」
「社長に聞いてくれと言われました。」
「内容については?」
「給料形態について書けば良いと思います。始業や終業、服装など社則みたいなことは書かなくていいと思います。」
「ふ~ん。まあいいじゃないか。草案でも持って来てくれ。」
そう言われ、その日に作り、持っていきました。
社長からは承認を頂き、ホッと一安心。これでいつでも電話が鳴っても大丈夫です。
しかし、まだ1件も鳴りません。

ご愛読有難うございます。

定例の会合


定例の同業者の会合に出席しました。
自分が店長になる話は周知のこととなっており、質問攻めにあいました。

適当に答えていましたが、アイディアが浮かびました。

「弊社で不動産経験者の営業マンを募集しています。お知り合いの方でいらっしゃいませんか。」
「だめだめさん、おたくの会社歩合給安くするんでしょう。それだと紹介しにくいよ~。」
「いえ、今回は社長と確約を取っていますから、大丈夫ですよ。話が変わらないように雇用契約を締結してから入社してもらいます。紙面で残すようにしますから。」

自分が考え付いたアイディアはこの会合の出席者の人達に今の噂を一掃してもらうことです。雇用契約はこの時に考え付いたので、明日にでも社長に取り付けなければなりません。
酔っている人ばかりでしたが、「よし!目ぼしいのがいたら、声かけておくよ!」と言って下さり、良かったです。

まだ採用がないので、面接に来てくれることを祈っています。

ご愛読有難うございました。

事務員採用の面接続編


再び事務員採用の面接がありました。

今まで一番良い感じです。
大人しそうな感じで、仕事もしっかりやってくれそうな感じです。

社長に報告に行きました。
事務員の面接はほぼ決定の旨を・・・・

しかし社長からの一言
「事務員の○○さんもそっちの課だからね。」
「え!!」
今の不動産部門には事務員は2人いるのですが、社内でも有名で非常に仲が悪いのです。
不動産1課・2課で分けるので、事務員同志を引き離すことになりました。

この○○さん、以前にも書いたのですが、いい年の方なのにいじわるな性格で有名なんです。この方とまた一緒に仕事すると思うと、気が滅入ります。

また採用予定のこの大人しい子と○○さんでは絶対に上手くいかない気がします。

作戦練り直しです。

さらに役員からも呼び出されて、「社長に報告する前に俺を通すのが筋だろ。」と怒られました。「以後気を付けます。」と言い終わりましたが、面倒なことがたくさんあります。

ご愛読有難うございました。

事務員採用の面接


先日、事務員採用の面接をしました。

電話の対応が良かったので、面接になりましたが・・・・
見た目で判断してはいけませんが、この子で大丈夫か!?と思いました。

スカートは超短く、爪は長く(つけづめ?でキラキラが一杯)
本当に面接する気があるのかと思いました。

簡単な計算問題を解いてもらうため、問題用紙と電卓を渡しました。

長い爪でどうやって電卓を打つのか見ていると驚きです。

ペンを使い打つのです。しかも早い!

結果は全問正解。

以前の会社では経理も担当していたようで、計算は得意なようです。
愛想があり明るくて非常に良いのですが、面接をする格好ではありません。

引手あまたでたくさんの人が面接に来てくれれば、
絶対にこの子は採用しませんが、そこは中小企業の弱いところ。

保留となりました。

ご愛読有難うございました。

人生、谷ばかり!!
不動産1課の人員募集。しておりますが、上手くいかず。
ベテラン営業マンを最低3人以上、最低事務員1人というのがノルマです。

誰でもわかるような入社問題を作り、募集の給料体制を代えて挑みましたが、
結果は良くありません。事務員募集の電話はそれなりに鳴りますが、営業マン募集の電話が不調です。


上層部からも呼び出されて
「自信満々に言ってたけど、全然だめじゃん!最初からつまづくなよ~。ノルマは守れよな!」
と結構怒られました。


どうしましょう・・・・
何とかしなければ・・・・
ご愛読有難うございました。
子供の発達具合を診る再検査
18ヵ月検診の再検査の通知が届き、検査を受けてきました。

検査の前日の夜、子供は軽い嘔吐とひどい下痢。熱はなく、元気に飛び回っていました。
検査当日、子供は不機嫌で変わらず下痢は続いていました。

そんな状態の中、再検査へ行きましたが、結果は再々検査。
18ヵ月検診の指差しと同じ問題を出されましたが、その紙を前にすると
紙をひったくり投げる始末。気をそらし、3回ほど挑戦しましたが、機嫌が悪い
ため、全く指差はしませんでした。

もうすぐ2歳。通常、2語話せるようにならないと発達具合が遅いようです。
この2語とは、“あっちいく”“これたべる”“くるまかして”などです。
パパ、ママすら言わない子供。本当に心配になってきました。

保健士さんからは、「コミュニケーションをとろうとする気は見えるので、言葉が遅い子だと思いますが、再々検診を受けて下さい。」と言われました。

また不安な日々が続きます(ToT)

ご愛読有難うございました。

社内のひがみ

店長の話があっという間に広まりました。

そして、とんでもない噂まで広まっています。
“だめだめが現店長を陥れて、店長になった”“だめだめは社長に魂を売った”“社歴の浅い、反抗的なだめだめが店長になるのはおかしい”等々。

人の噂話はあまり気にしないし、自分が少々言われる分には気にしない性質なのですが・・・・

噂があまりにも凄すぎる。

既に退職した不動産部門立ち上げの店長からも電話がありました。
社内では年功序列のような感じで役職が回ってくるのですが、自分が飛び級になったのが、周りの人間はおかしいと思っているようです。

唯一、今の店長が経緯をしっかりと話てくれました。
『会議の時に、自分が改善方法を言えずだめだめさんが改善計画を社長に言ったから、一時的な店長になる予定だ。』と
一時的??現店長から言われたくはありませんが、一時的な店長になる可能性は充分にあります。どんなに売り上げをやったとしても、社長が気に入るイエスマンが入社して、仕事が出来る人であれば、自分は切られると思います。

それにしても暇なのか、この件について、ホットな話題なので対応するのが大変です。
ご愛読有難うございました。

ためになる話③

続きです。
「なるほど~。褒めて質問するとおっしゃっていましたが、何を質問するのですか。」
「それはね、また重要な事なの。ちなみにだめだめさんはスポーツ何かやっていたの?」
「サッカーをやっていました。」
「息子さんにもサッカーをやらせたいかしら?」
「そうですね~。子供がやりたいと思えばやらせたいです。」
「そうよね~。男の人は自分がやっていたスポーツを子供にやらせたいもんね~。」
「ですね。」
「だめだめさん、うちの子供も小中はサッカーをやっていたの。小学校低学年の時にサッカーの上手さは上位5番以内には入ってなかったの。ただうちの子供はパスだけは上手かったの。ドリブルやシュートなどは下手で総合的には上手くないので、ずっと補欠だったの。でもパスだけは上位5番以内に入っていたから、そこを褒めたの。さらに子供に質問したの。何でパスが上手いの?って。コツはあるのって?そうしたら子供はベラベラとパスのうんちくを語り始めたの。散々語らせて、“パスが上手いなら、シュートも上手くなるはずでは?”と質問したら、子供は何かに気付いたの。そして子供はシュート練習を始めるようになって、サッカーが総合的に上手くなり始めたの。そして小学校4年生には上位5番以内の上手さになったわ。質問することは、子供に何かを気付かせてあげることが大事なの。そして自発性と努力をすることにより結果が伴うことも気づかせることができるわ。ただ褒めているだけでは駄目、子供が向き合っているものに親も真剣に向き合ってどうやったら向上するか考える。そうするとどうしたらこの子は上手くなるのか・・・・コーチ以外の目線で親から子供に質問が出てくるわよ。言い聞かせるではなく、気づかせることが最も大事だからね。あと勝ち癖がついた時に必ず教えることは“慢心”になっては駄目だと教えること。レジュラーや先発メンバーという言葉は補欠の人がいるから存在する言葉なの。小学校6年間1回もレギュラーになれない子供もいた。それでもその子は6年間サッカーをやり続けた。いつもコーチから試合の時には応援しろと言われて、その子は一生懸命に声を出して応援していたわ。その子の親も試合に出れないとわかっていても試合を見に来ていた。試合に出ない子供が一生懸命応援している姿をしっかり見ていたわ。子供にはそういう子もいるってことを教えなければならない。その子にサッカーを上手くなるように教えてあげてと何度も子供に言ったわ。子供はその子と一緒に放課後練習して教えていたわ。親はとにかく自分の子供をよく観察することが大事。努力して勝ち取って慢心になるにならないように、努力して練習している時は褒める。努力して勝ち取った時慢心になりそうなら補欠の存在を教える。このバランスが大事だと思うわ。」



このお客様の話、子供の素質もあると思いますが、本当に勉強になりました。
そして一番感じたことは、何よりも自分の子供を誇りに思い、お話されている時の情熱が凄かったです。思わずメモをしてしまいました。
まだまだ先の話ですが、うちの子供にもやってみようと思います^^

ご愛読有難うございました。

ためになる話②


その奥様に質問をしました。
「自立するまでしっかりと育てるコツはありますか?」
「そうね~。子供の上位5番以内のものをたくさん親が見つけられることね。そして褒めて上げて、親が子供に質問すること。」
「うん??5番以内??どういうことですか??」
「体育、勉強、遊び何でもいいの。ただ5番以内に入るのは簡単ではないから、もっと細かいところを見て上げるの。例えば、体育だったら、50m走、マラソン、跳び箱、縄跳び、水泳等々、体育だけでもいろいろな種目があるでしょ。その上位5番以内に入っているものを親が気づいてあげる。50m走のタイムがクラスで上位5番以内や跳び箱の飛べる段数が上位5番以内のように。子供の中で流行っているゲームでも良いのよ。あるゲームで上位5番以内に上手いや上位5番以内に早くゲームをクリアしたでも何でもいいの。」
「そうすることでどのような効果があるのですか。」
「上位5番以内に入ることで友達に質問されて、やり方を教えてあげる。頼られることが大事なの。」
「へぇ~。」
「そう、友達に頼られるということは、友達に自分の得意なものを教えることを小さい頃から覚えるの。さらに教えたことが適当だと子供同志は喧嘩に発展するから適当なことは教えない。それを何度も繰り返すことにより、自信がついて、プレッシャーに強い子に育つ、勝ち癖をつけることにより、さらに責任感がつくの。ただし・・・・」
「ただし・・・・何ですか?」
「重要な事は親が上位5番以内の事をたくさん見つけられること。見つけられたら“凄いわね~。お母さん嬉しいわ~”と褒めて上げることが大事なの。例えばクラスの中で一番流行っている遊びはドッジボールだとして、体育の授業では縄跳びだとするわね。ドッジボールは上手くないけど、縄跳びは上位5番以内に入る上手い子。でも休み時間に誰も縄跳びはしない、ドッジボールが流行っているからその遊びばかりすることもあるの。そういう時には親が子を縄跳びのことを褒めてあげることが大事なの。仮にドッジボールが上手ければ、親が褒めなくても友達から”球が速くて取れないよ”と褒めてもらえる。縄跳びは流行ってないから、誰からも褒められない、評価されない。こういう状況をつくっては駄目なの。だから親は子供がいつも何をしていて、何に興味を持っていて、子供間では何が流行っているか敏感にならなければいけないの。」
「なるほど~。褒めて質問するとおっしゃっていましたが、何を質問するのですか。」

長くなりましたので続きます。

ご愛読有難うございました。

ためになる話①


お客様と話をしている時にプライベートの話になります。

とある50代後半の夫婦の奥様に聞かれました。
その夫婦の子供は独立されており、子育ての話になりました。
「だめだめさんは、お子さんいるの?」
「います。もうすぐ2歳ですよ~。やんちゃで大変なんですよね~。」
「あら~、今は一番かわいい時じゃないの~。」
「かわいいはかわいいですけど、身体が大きくて本当に育児が大変なんですよ~。」
「まだまだこれからよ~。だめだめさん、今は“育児”でしょ。この後には“しつけ”が待っているの。“しつけ”が終わったら今度は“教育”が待っているのよ。その“教育”が終わったら最後には“自立”があるの。子育てが終わるのはその時よ~。育児、しつけ、教育、自立。この自立まで見届けて子育てが終わることなの。まだまだ先が長いのだから今から大変、大変と言ってはこれから先もっと大変よ~。」
「へぇ~なるほどですね!自立までが親の役目なんですね~。勉強になります。」
「そうよ~。哺乳類の動物は生き方を子供に教えるでしょ。肉食動物では狩りの仕方。草食動物では食べれる草の見分け方や肉食動物からの逃げ方。自分で生きていけるようになって自立なの。三食ご飯をだして、身体を大きくさせるだけが、子育てではないからね。子供の自立も結構大変よ。ちゃんと仕事をして、自分で生活を出来るように育てる。子供が家庭を持ったら、最低限家族を養えるように育てないといけない。そのためにはいくらお金を稼がないと家族は養えないことを親は子供に教えないと駄目なの。さらに社会に出た時にいろいろな人がいる事。大学生までは自分と気の合う人だけ付き合えば良いけど、社会人になれば、気の合わない人とも上手くお付き合いを続けなければならない。こういう事も含め、いろいろ教えたわ。とくに男ならね。この“自立”を成功させるカギは、“しつけ”と“教育”だからね。」
と言われました。

なるほどな~。この方三人のお子さん(全員男)がいて、全員無事に独立させています。
勉強になります。

この方のお話続きます。
ご愛読有難うございました。

社長からの結果
先日社長に面談をお願いしました。

給料面の交渉と新入社員の面接は自分が行うことについて。
これが通れば店長の役職を受けることにしました。


面接の件は了承を貰いました。
しかし給料の面で社長からの承認は貰えませんでした。
給料の面でもう少し妥協してほしいと社長から言われ、
社長の妥協案を聞きました。

その時には経理の人も同席をして、話し合いをしました。
最終的な決着はプレイヤーとして行った件は営業マンの
歩合の率半分ということで折り合いが着きました。

そして社長から言われた言葉は・・・・
「だめだめ君、ここまでの条件は前代未聞だぞ。赤字で終わりましたでは許されないからな。いいな。」

そして、不動産部門を2部制にすることで決まり、今いる営業マンを2分割。自分は不動産1課の店長になることになりました。(課なのに店長はおかしいですが、少しフェイクを入れて、矛盾が生じています。)

営業マンの募集の件も打ち合わせをして、これから忙しい日になります。

ご愛読有難うございました。

平成30年7月カードの引き落とし(ToT)
平成30年カードの引き落とし

保険     14,917
携帯代2人 19,751
雑費     23,099

合計     57,767


貯金額は・・・・・

1,367,921円

段々減っていく~

ご愛読有難うございました。
ローンが終わる!!
ローンが終わる!!

毎月支払っているローン、マイカーローンです。
35,538円の支払いが7月を最後に終了します。

やっとでローンから開放されると思いました。

しかし!!既にこの車も10万キロを超えています。

う~ん・・・・どうしよう・・・・

お金もないのに、車を買い替えるなんて無謀すぎる!
しかし、車検の時に言われました。
「この車そろそろ買い替え時かもしれませんよ~。今後も車検代が結構かかりますよ~。」
どうしよう・・・・

今は耐えるしかありません。車に故障せずにがんばれ!とエールを送ります。

ご愛読有難うございました。


社長との面談③
続きです。
「営業マンの中途採用ですが、面接を自分にやらせて下さい。」
社長は拍子抜けた感じで
「それなら別にいいけど・・・・そんなことまでしたら大変だぞ。」
「いえ、何とかします。入社については1次審査、2次審査にしたほうがいいと思います。1次審査は一般常識問題のテスト、2次審査は面接のような・・・・今までの45分の面接1回だけで入社させてしまうと、相手が見えません。」
「だめだめ君ね~それは良い意見だけど、うちの会社は大企業ではないんだよ。募集広告を出して、1次審査、2次審査なんてしたら入ってくる人いなくなっちゃうよ~。」
「社長、今まで1回45分の面接だけ。しかも落ちる人はほぼゼロ。残っている営業マンがどれだけいますか?不動産部門を新設してからの中途入社の人はほとんど辞めていますよ。」
「にわとりが先かたまごが先がではないが、まずは人を集めて、教育して一人前の営業マンに育てるというのが良いのかと思う。10人入社させて、教育をして5人が営業マンとして育てることが出来れば御の字だな。こういうやり方のほうが、最終的に残る営業マンが多いと思う。」
「5人は辞めるということですよね。その間に払っている給料は多額ですよ。育てるのも良い方法だと思いますが、厳選する必要はあると思います。今までも不動産部門に入ってきた訳の分からない人は数多いですよ。数か月間で辞めた人も一杯いましたが、その間給料を払っている会社は大損害ですよ。」
「それは確かにあるな。」
「一次のテストは簡単なので良いんです。例えば、“日本の内閣総理大臣をフルネームで書け”“アメリカの大統領は誰ですか”“徳川家の一代目の将軍は誰ですか”“森友問題についてどう思いますか”こんな感じで良いと思います。これすら答えがわかない人は入社しても辞めると思います。だってこれ以上に不動産業務は覚えることはたくさんありますよ。」
「そのぐらいの問題ならだれでも答えられるだろ。中学生だって答えられるぞ。」
「社長、それは大きな間違いですよ。今までに入社してきた人でこの問題すらわからない人は結構いると思いますよ。“本当に社会人経験者なのか”と疑う人はたくさんいました。だから簡単なテストで良いのでやるべきだと思います。」
「まあそこは任せるけど、そこまでの考えがあるということは店長の件は“YES”という答えで良いのか。」
「条件次第です。条件が全部通ればもちろん“YES”ですが、条件が通らなければ“NO”の可能性もあると思います。」
「だめだめ君は腹黒いな~(笑)」
「社長、腹黒いは腹の中では何を考えているかわからい人が腹黒いのです。自分はしっかりと腹の中まで言ってますよ~(笑)。」
「面接の件は任せるとして、給料面については検討させてくれ。」
「了解しました。」

このようなやりとりがありました。

勝手な予想ですが、社長とは現在良い感じです。
しかし、いつでもクビを宣告されてもおかしくない
状況です。店長として売り上げが悪ければ、きっと
降格かクビでしょう。
今は自分しかいないので、社長も自分の言うことを聞いてくれます。
今後自分に代わる誰かが出現した場合、社長は容赦なく自分
を切ると思っています。社長の行動や考え方は今まで見てきたので、何となくわかります。

もし今後社長が歩合給の見直し等、従業員側に不利な条件を実行した場合には
辞める覚悟です。

ご愛読有難うございました。

社長との面談②
続きです。
「店長の給料で充分だろ。」
と言いかえされました。
すっきりしないので、この際言っちゃえと思い、言いました。
「社長、もし自分が手取り給料50万円と言ったらどう答えていましたか?」
「何でそんなにかかるんだ?って聞くよ。」
「そうでしょう。結局、そこなんですよ。仕事に対する対価で給料を払っているのではなく、従業員の1ヶ月の生活基準で給料を決めていませんか。だから生活が可能給料まで歩合給を下げたことをしたのでしょう。」
「会社を維持・存続するためには会社が一番儲からないと維持出来ないんだよ。一番高い経費は人件費なんだよ。」
「それもわかります。しかし、店長という重責で、仕事が遅く、休日も少なっては割に合いません。だから立ち上げの店長も辞めてしまったのでは?」
「まあそうだな・・・・でもバランスだよな。だめだめ君が言ってる給料体制は給料がとんでもないことになるぞ。それこそ俺や役員より多い給料になるぞ。」
「給料を多く貰うことはその分売り上げを上げているのだから良いのではないでしょうか。」
「・・・・まあ検討しておくわ。他にはないだろうな?」
「あります!」
「まだあんのか!?勘弁してよ~!!」
「営業マンの中途採用ですが、面接を自分にやらせて下さい。」
社長は拍子抜けた感じで
「それなら別にいいけど・・・・そんなことまでしたら大変だぞ。」
続きます。

ご愛読有難うございました。

社長との面談①
社長室に行き、社長との面談をお願いしました。
社長は忙しそうだったのですが、昼ごはんを一緒に食べようと言われ
その時に相談することになりました。

お昼の時には役員も一緒にいて、話ずらい状況でした。

「プレイヤーで行う案件はプレイヤーでの歩合になりますか?」
自分が質問したことは、給料の件です。店長は固定給が高い変わりに歩合給は少しだけしか付きません。1月間の予算をクリアして予算達成の報奨金と営業マンが成約になった案件の管理歩合(微々たる金額)が入ります。今までの店長は自身で扱った案件は営業マンに代えるか、もしくは管理歩合だけ貰えます。
自分は予算達成報奨金+管理歩合+自分でおこなった案件については営業マンと同じ歩合率で歩合給を貰いたいとお願いしました。
驚いた役員は
「お前、そんなに金に困っているの?」
「暮らせないわけではないですが、辞めた店長は過労で倒れていたのを見ていたので、割に合わないと思いました。」
「がめついな~。」
と嫌味を言われました。社長は笑いながら、役員に
「だろ。」
「社長のおっしゃる通りでしたね~。」
自分は何が何だかわからず
「??????」
みたいな顔をしていると役員も笑いながら言いました。
「今回の件すんなり頷くのではなく、何か交渉してくると社長は予想していたんだ。それが見事に当たったんだ。」
と。社長は自分が給料面について、交渉してくるのを事前に予測していたそうです。
「お恥ずかしい・・・・その給料体制はどうですか?」
社長は少し沈黙した後に
「だめだめ君の家は1ヶ月にいくらあれば生活出来るんだ??」
と質問されました。正直、嫌いな質問です。仕事の評価で給料を見るのではなく、
相手の生活基準を見て給料を判断されるのは足もとを見られている感じがします。
「最低でも手取り30万円はないと厳しいですね。」
と答えると
「店長の給料で充分だろ。」
と言いかえされました。
続きます。

ご愛読有難うございました。

変な感じの朝・・・・

会社に行くと、変な感じでした。
今まで「おはよう。」と挨拶をしてきた人が「おはようございます。」
と言って来ました。
同僚が噂を聞きつけたのか、
「なんか店長に昇格するみたいだけど、本当??」

どういう経緯で噂が流れるのか、本当に知りたいです。
社長が言ったのか?役員が言ったのか?

現在の店長は以前ほど元気がなく、カラ元気のような感じした。
可哀想でした。
自分よりも社歴は長く、やっとで店長の役職になれた。
しかし畑違いの不動産部門の店長に・・・・

数か月間の売上は悪く、降格になりそうな感じです。
せめて降格なら前の部門での同じ役職に戻してほしいと願っております。

ご愛読有難うございました。

妻と相談
社長との居酒屋でのことを妻に話ました。
妻は「出世なら良いじゃん!(^^)!」
と大喜び。普段より帰りが遅いことと、
休みの日に仕事に出ることもある旨を伝えると
「微妙だね・・・・」
としょんぼりしました。

給料を多くもらう代わりに休みが奪われ、責任が増します。

妻が出した結論は・・・・
「今のままが良いかな・・・・今の給料でも何とかやっていけるでしょ!」
と楽観的な答え!!
「おいおい、これから子供にすげぇお金かかるんだぞ。今だってかなりお金がかかってるじゃん。そこも考えてくれよ。家を買うかもしれないし、これから幼稚園、小学校に行けば塾のお金等々、教育資金を貯めなければならないぞ。」
“教育”という言葉に敏感な妻は・・・・
「子供の負担は増えるのはいいから、店長になればいいと思う。給料が増えて安定するのなら、ワンオペ育児でも頑張るわ。」
「有難う。ただ・・・・」
「ただ何?」
「ずっと店長職を続かないかも。」
「なんで?」
「会社に忠実な人が現れたら、多分自分は切られると思うわ。」
自分がそう言って、社長の性格などを話ました。
「じゃあ、いつ切られるかわかならいんだ。それまでやればいいんじゃない。」
「そうだね。悪いんだけど店長の給料がずっと続くとは思わないでほしい。もしかしたら、数か月後には切られる可能性もあるからさ。」
「わかった。とりあえず頑張ってみなよ。」

そう言って話は終わりました。
正直、答えは出ていたのかもしれません。

ただ店長になるのが正直怖いです。
社歴の浅い自分がいきなり店長だなんて・・・・

リフォーム部門に在籍していたら、店長の役職には最低あと5年はかかります。
役職が空かない所なので、一生管理職にはなれない可能性もあります。

不動産部門だからこのチャンスが巡ってきたのですが・・・・
社内のやっかみが凄そうです。
憂鬱だ~・・・・

ご愛読有難うございました。



プロフィール

no money 

名前:<だめだめ営業マン>
貯金がない 仕事出来ない
駄目男の貯金ブログです。

子供が生まれたばかり
手取り給料18万円

どうなることやら

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR