FC2ブログ
だめだめ営業マンの貯金日記
駄目な営業マンの貯金日記
08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

2課さらなる赤字へ・・・・③
2課の在庫物件は大赤字物件ばかり。
大幅値下げの指示を出しました。

そして今度、この大幅値下げにより、大赤字になるために稟議書が必要となります。
社長と役員を呼び出し、自分と2課の店長でミーティングを行いました。
自分は大幅値下げをする物件、数件の稟議書を持って、社長と役員に報告しました。
社長はプルプルと震え
「馬鹿も~~~~ん!!!ふざけるな!!!こんなに赤字になるのか!!」
続いて役員も
「お前ら会社潰すきか~~~!!!」
と顔を真っ赤にして怒られました。それから怒りをおさまるのを待って
淡々と説明をしました。
しかし、また
「こんな赤字を増やして、どうするんだ!!赤字にならない方法を探せ!!」

最終的には全部の大幅値下げは認められませんでした。
1件だけ大幅値下げをして、残りは利益がゼロの状態まで価格を下げることで
了承をもらいました。

そして自分と2課の店長が部屋から出る時に社長は呆れ顔で
「だめだめ君、もう不動産部門は潰すか。無理だろう。」
「3月迄時間はありますので、待って下さい。」
「3月になって“出来ませんでした。”では済まないからな!赤字には絶対になるなよ!いいな!!」
「かしこまりました。」

こういう会話をして終わりました。
自由出勤なんて夢のまた夢です(ToT)
結局、2課の稟議まで引き受けてしまったことで、こんなにも
怒られるとは・・・・


ご愛読有難うございました。

スポンサーサイト



2課さらなる赤字へ・・・・②
2課の在庫をチェックしたところ、売れそうもない物件しかないのです。
しかもこの物件、市場価値より高く売りに出しておりました。
その物件の書類を確認し、すぐに物件を見に行きました。

どうしようもない物件でした。物件の所在は流通するエリアではなく、さらに市場価値より高く売出しています。
2課の店長と仕入れた担当者を呼び出しました。

「この物件なんで仕入れたのですか?どうみたって流通するエリアではないでしょう?」
営業マンは
「すいません。勉強不足でした。」
まあ言うこともわかります。この営業マン、2課の店長が以前にいたリフォーム部門の時の部下で不動産は未経験でした。
「この物件、かなり赤字になりますよ。覚悟出来てますか?」
この覚悟とは歩合給について覚悟できているか。という意味です。
赤字になると赤字が解消できるまで歩合給に反映されません。
この物件はかなりの赤字になるため、この営業マンが歩合給を貰えるのは
相当先になることになります。
営業マンは
「え!そんな赤字になりますか。」
「半端じゃない赤字になりますよ。これは。」
営業マンは少し沈黙した後に
「だめだめ店長がそういうなら仕方ないっすね~。」
「大幅に価格下げて売るけど、いいですね。」
「はい。」
と不満気に返事をしていました。

こういう赤字になる物件が数件ありました。
これは本当にやばいです。
人件費や運営の経費で赤字ではなく、仕事をして赤字が拡大していることに
驚きました。10件弱の物件を仕入れれば、1件、2件の少々の赤字はあります。
トータルで黒字になれば問題はないのですが・・・・
しかし、2課の在庫は薄利の物件が1,2件、プラマイゼロの物件が1件、大赤字の物件が数件ありました。もしかしたら、赤字解消は難しいのではないかと思うほどです。

大赤字物件在庫で抱えていても売り上げは伸びません。
全部大幅値下げをして、赤字で売るよう営業マンに指示をしました。

続きます。

2課さらなる赤字へ・・・・①
2課の店長と居酒屋に行き、本音の話し合いをした。
自分がリフォーム部門にいた時、会社を辞めようと考えたこと。
必死になって勉強して、やっとでまともな給料が貰えるようになった
時に新設の不動産部門へ異動になったこと。中途で入社してから
この会社ではずっと困難続きなこと等々。
お互いに腹の割った話し合いをして、2課の店長とも打ち明けることが出来、本当に良かったです。
そして居酒屋に行った次の日に2課の店長から言われました。
「だめだめ店長、2課のマネジメントもお願いできませんか。」
「え~!!マネジメントもですか!!」
「狙うエリア、狙う物件等々わからないことだらけで、営業マンにどういう指示を出して良いのか正直わかりません。だから2課のマネジメントもお願いできませんかね?」
こう言われて嫌でした。結局、これでは1課・2課の統合と同じ。2課の赤字を解消するために稟議書を見るのだから、マネジメントも関わってくるのは何となく予想はしていましたが、2課の店長が踏ん張ってくれると思っていました。
しかしそうとも行かないので、2課の店長に条件を付けました。
「3ヶ月間だけ、マネジメントをやります。それまでにいろいろな事を勉強してください。3ヶ月間だけです。それ以降がやりませんから。」
「お願いします。」
今度は社長と役員にこの件を報告しました。
社長からは
「そうか~。だめだめ君が2課のマネジメントもしてくれるのなら鬼に金棒だな!はっはっはっ~。」
と笑って言ってましたが、こうなることを予想していたかのような応え方でした。
自分は急遽2課へ行き、物件の在庫をチェックしました。
この在庫表を見た時に驚きました。
どうしようもない(売れそうもない)物件を仕入れているのです。不動産業者からの情報は厳選しなければなりません。一番に考えることは弊社の強みを利用できる物件を仕入れることなんですが、そういうことも思慮されておりません。2課の店長は元リフォーム部門にいたにも拘わらず、そういった考えが思いつかないのです。約半年間不動産部門の店長を経験しているのに、何も身になっていないことがわかりました。

続きます。

新体制②
時間があったので、2度目の投稿。

2課へ挨拶に行きました。前は同僚だったのが、今度は上司、部下の関係になるので、やりにくい感じです。社内でも噂が広まり、“だめだめは上層部にワイロでも送っているんじゃないか”と言われています。

なんか孤立無援な状態です。1課の店長の時は営業マンに怒ることはしませんでしたが、
今度1課、2課の稟議を見ることになると、怒ることもしなければならないのかなと思うと憂鬱な感じがします。

2課は本当に機能していない状態でした。稟議の案件を見たところ、ただ稟議書を出しているだけ。
一様の仕事をしているふりでした。これに店長は気づきもせずに一生懸命役員に提出する稟議書を作っていました。
2課にある案件は一通り自分が見ましたが、全部破棄。

「ちがう物件を探してほしい。」とお願いしました。

そして2課の店長は自分と同行してもらい、勉強をしてもらうこととなりました。

自由出勤になりましたが、当分は出来ないと思います。

ご愛読有難うございました。

新体制①
不動産部門1課、2課。2課の赤字が拡大してしまい、1課所属の自分が2課の稟議を決裁することになりました。まず1課の人達へ報告をしました。
今後、2課の稟議書も自分がみることになった。会社規定の出勤、退社時間に従うと、過酷な労働時間になるので、自分は自由出勤になります。用事がある人は事前に電話、メールで報告をお願いしますと。

稟議書の提出、物件の下見、マネジメント、物件管理等店長には山ほどの仕事があります。
営業マンからはいろいろと質問をされましたが、営業マンの仕事には障害がないよう配慮したので、納得してもらえました。

今度2課に行こうと思いましたが、事前に2課の店長と打ち合わせをするために、会議室に呼び、話し合いをすることにしました。

2課の店長は、不満そうな顔で会議室に入ってきて、
「お呼びでしょうか。」
自分に対して敬語で話してきました。今までは敬語ではありません。
「店長、敬語は勘弁してください。今まで通りで良いですから。」
「そういう訳にもいきません。これからの稟議決裁はだめだめ店長にかかっておりますので・・・・」
かなり嫌味っぽく言われました。

そして2課にあいさつへ行く前に2課の店長からこれからの新体制の話を営業マン達にしてほしいと言ったところ
「それはだめだめ店長のほうでお願いします。私の仕事ではありませんので・・・・」
これを聞いて、自分は物凄く腹が立ちました。
「何か自分に思う事がれば言って下さい。一緒に赤字解消のために頑張らなければならないのですから。」
「いえ、特に不満はありません。だめだめ店長の思う通りにやればいいじゃないですか。」
「あの~赤字解消する気ありますか?仕事やる気ありますか?無ければ言って下さい。上に報告するまでですから。」
こういうと
「ありますよ。やる気は全然ありますよ。」
「じゃあ、その嫌味な話方止めてもらえますか。」
「そんなつもりじゃ~。」
「とにかく2課の人達に新体制の話を事前にお願いします。」
「それはちょっと・・・・」
「なぜですか?」
「事実上の降格を自分から話すのはちょっと気が引けます。」
これを聞いて、自分は決心しました。いつもでもぬるま湯につかり、自分の立場を理解していない店長のために上層部の考えていることを伝えたほうが良いと。
「あの店長、今回こういった新体制になったのはなぜかおわかりですよね?」
「はい。赤字が拡大したためです。」
「そうです。今回、上層部にこう言われました。2課のサポートしてほしいもしくは店長の代わりをさがしてほしいと。上層部はあなたが店長として成長しなければ切る考えですよ。それでもいいんですか。」
2課の店長は顔面蒼白にしていました。自分は続けて
「もうあなたの上層部へのコネは通用しませんよ。ずっと赤字ですから。だから今変わる時ですよ。一生安泰なんて思わないほうが良いですよ。」
「上層部はそういう考えなんですか・・・・」
「そうです。上層部はあなたを見限ってます。今、自分から聞いて気づきましたか?」
「はい・・・・」
「おめでたい人ですね。少しの実力と大きなコネで出世してきたからそういう考え方になるんですよ。営業マンの交換を提案する前に自分を変えることが先決ですよ。もう変なプライドは捨てて下さい。裸になって頑張って下さい。あなたの店長という役職の期限は3月迄ですよ。私も部が赤字だったら、御咎め(降格もしくはクビ)があると思います。だから一緒に乗りきりましょう。」
「わかりました。宜しくお願いします。」

こういう会話をしました。

続きます。

平成30年9月の給料


給料が出ました!!

なんと

501.350円

家賃と生活費
180,000円を引いて

貯金額は

1,737,737円

来春から子供がプレ幼稚園に通う
ことになれば、お金がかかります。

今のうちに一生懸命貯金しなければ!!

ご愛読有難うございました。

プレ幼稚園


妻と子供がプレ幼稚園の見学会に行きました。

仕事から帰り、妻からプレ幼稚園のことを聞くと
元気なさそうに言いました。
「他のお友達は結構しゃべるんだわ~。うちの子だけしゃべらないのわ。」
「そうなんだ。みんなどのぐらいしゃべるの?」
「幼児用のジャングルジムで“ここ、こわい”って話をしている子がいたし、“あっちいく”とか結構しゃべってるわ。うちの子だけ、“おおぉぉ!!”“ああぁぁ!!”って言ってる。」
「大丈夫だよ。そのうちしゃべるからさ。」
「そうだと良いけど・・・・。」

こんな会話がありました。かなり気にしているようで、元気がありませんでした。
早くおしゃべりが出来ることを祈っています。

ご愛読有難うございます。

上層部からの呼び出し③
上層部からの呼び出し③

続きです。

自分は役員から言われた
「だめだめ君!社長と俺がお願いしてるんだぞ。君もサラリーマンなんだから上の指示には従ってくれ。」
という言葉を待っていました。そして自分は
「またその言葉ですか・・・・その言葉を使えば自分は何でも会社の言いなりになると思わないで下さい。」
社長と役員は黙ってしまいました。1分ぐらい沈黙が続いて、社長から言われました。
「だめだめ君、わかった。君は時間が欲しいんだよね。家族と過ごす時間が。そうだね。」
「そうです。仕事が人生において重要なのは理解しますが、人生を仕事だけに追われるのは絶対に嫌です。プライベートの時間も欲しいです。」
「よし。わかった。じゃあこうしよう。出勤、退社は自由でいいよ。朝は定時に来なくても良いし、仕事が午前中に終われば、午後には帰っていいよ。休日は君が取れる時に取っていいから。」
聞いた瞬間は良い話だと思いました。自分は30秒ほど沈黙して考えました。
「自分が朝居ないと、士気に関わると思うのですが・・・・」
「それは君の管理次第だろ。営業マンは優秀なんだろ。君が居ないぐらいどうってことないだろう。」
確かにそうだなと思いました。2課の営業マンは自力で何でもやる人達なので、自分が居る居ない関係なく仕事はすると思います。検討して、1日、2日後に返事をしたかったですが、そんな雰囲気でもなかったので、
「それだったら、良いです。」
「そうか!頼むぞ。君に任せたからな。」
と言い話は終わりました。

なんか裏があるようなないような・・・・
まあやってみるしかないですね・・・・

ご愛読有難うございました。

上層部からの呼び出し②
続きです。
「正直、現状で精一杯です。休みの日に呼び出されることもあるし、夜は遅いし、これ以上やる事が増えたら死んじゃいますよ~。」
社長は微笑みながら、口調は強くして
「だめだめ君、君は何度も耳にしたことがあると思うが、会社は全体を見なければならないんだよ。不動産1課、2課の合計数字で赤字かどうかが決まるんだ。1課だけ黒字、2課は赤字、トータルで赤字ではもってのほか。プラスマイナスゼロでも1年間働いた意味がないことになるんだ。だから、だめだめ君、2課をサポートしてほしい。頼む!」
「断ることは出来ないんですかね?」
今度は役員が
「だめだめ君、お願いだからふたつ返事で受けてくれないか。今のままでは、2課は絶対に赤字のままだ。君が会社の上層部の立場だったら、どうする?1課は黒字。2課は大赤字で営業マンがやる気がない。営業マンの募集をしても人が来ない。2課の店長を代えるか、営業マンも入れ替えるしか方法がないだろう。」
声のトーンはなごやかでしたが、ほぼ脅しでした。

この話を断れば、2課の店長の入れ替え、もしくは営業マンの入れ替えを行うとのことでした。2課の店長の代わりは会社にはいません。他の部門の人達は全員不動産経験ゼロですから。結局営業マン入れ替えしか方法はないようです。
これを聞いた時に癪に障りました。いつも自分がババを引かされていることにものすごい腹が立ったのです。
「何で自分がいつも苦境に立たされるのですかね?」
「苦境!?そんなことないだろ。」
「いや、いつも大変な思いをしているのは自分ですよ。店長の件だって別になりたくてなった訳でもないですし、2課は営業マンの人員募集はしなくて良かったのに対して1課は人員募集で苦労しています。それでも優秀な人材が入社してくれて赤字解消の目途が見えたところにこれですよ。」
「だめだめ君、気持ちはわかるが、その分給与の面で優遇しているじゃないか。」
「社長、それはバランスだと思いますよ。高年収で1日も休みがないのと、一般的な年収で休みがあるのであれば、自分は絶対に後者を選びます。給料が高いから会社のリスクを全て取るのはおかしいのではないですかね。」
ここで役員が
「だめだめ君!社長と俺がお願いしてるんだぞ。君もサラリーマンなんだから上の指示には従ってくれ。」


続きます。

上層部からの呼び出し①
役員が来て、
「だめだめ君、お昼忙しい?」
「大丈夫ですが、何か?」
「社長とお昼一緒に行ってくれる?」
「了解しました。」

何となく察しがついていました。

お昼になり、社長、役員、自分でお昼に行きました。
そうそうに社長が
「だめだめ君、察しが良いから気づいていると思うけど何だと思う。」
とクイズ形式で質問されました。自分は予想していることを答えました。
「1課と2課をまた統合するのですか?で自分がそこの責任者では?」
社長と役員は笑いながら
「ほぼ正解かな。どうだ?」
「正直、荷が重すぎます。これ以上帰りが遅いのも困るし、休日出勤も営業の時より多いので身体がもつかどうか・・・・」
「ははは・・・そうか・・・そういうと思ったよ。」
「そうですか。」
「1課、2課の統合ではないんだ。2課の提出する稟議書をだめだめ君が見て、判断してほしい。1課、2課は残したまま。2課の店長もそのまま。稟議書だけ見て、だめだめ君が決裁したものを役員に回してほしいんだ。ただそれだけ。」
軽い感じで社長は言いましたが、この言葉の奥にはいろいろな物が隠されていました。
自分は細かく聞きました。
「2課の売上をマネジメントする必要はないですね?」
「そうだね。2課にも店長がいるから。マネジメントは2課の店長が行うよ。」
「その稟議を自分が承認して、赤字になってしまった場合、赤字処理はどうすれば良いのですか。」
「それは検討中なんだけど、1課、2課の半分半分の責任と今は考えているよ。責任の所在ははっきりしないと、適当に稟議を通してもらっては困るからね。」
「それじゃあ、たいして統合と変わらないじゃないですか。稟議書を見るだけと言いましたが、承認を出す以上は自分が物件を見に行かなければならないし、役所へ確認するのも自分がしなければならないわけです。2課のマネジメントは2課の店長がやる。しかし赤字になったら、半分は1課の自分の責任になるのでは、悪いところだけ自分ではないですかね。」
「そうなってしまうわな~。でもずっとじゃなくて良いんだよ。とりあえず今期だけ。それで2課の店長をサポートしてほしい。もしくは代わりがいるのであればその人を今後の店長にしてほしいんだ。」
「そこまで自分がするんですか・・・・本当に荷が重いですよ~。店長の候補は会社で探してくださいよ~。自分に2課の店長の人事権があるのは、本当に嫌なんですが・・・・」
今度は役員が
「だめだめ君、これも一種の出世だよ。権限が与えられているんだから。他の部門では出来ないことをだめだめ君は出来るんだぞ。そう思わないか。」

続きます。

ジャンプ


子供はベットの上でジャンプをするのが大好きです。
寝る前に録画した“いないいないばぁ”を見ながら、ベット上で音楽に乗りながら
ジャンプをします。ジャンプに疲れると横たわり、再びジャンプを繰り返します。

“いないいないばぁ”が1回分終了して
「さぁ、ねんねするよ~。」
と言い、テレビを消すと大泣き
「うわぁぁ~。うわぁぁ~」
と。もっとテレビ見ながら、ジャンプをしたいようで大泣きするのです。
またテレビをつけて、“いないいないばぁ”を見せるとコロッと泣き止み
きゃきゃっと騒ぎながらジャンプするのです。

あまりにもかわいい姿だったのでテレビをつけたり、消したりして子供の
表情が変わる様を見ていました。3回目のテレビを消した時に子供は
泣きながら、自分のところに来て、持っていたおもちゃで自分の頭を
こづいてきたのです。しかも何回も・・・・
「ごめんね~。もうやらないから。ごめん、ごめん。」
そう言ってテレビをつけると、ジャンプすると思いましたが、
またテレビを消されると思い、子供はテレビのリモコンを寄こせと
ばかりに取り上げようとしてくるのです。

そして右手にはおもちゃ、左手にはリモコンを持って飛び跳ねていました。
ちょっとだけ頭がいいぞと思いました。

ご愛読有難うございました。

パパ会の日

先日パパ会がありました。ベビーカーを積み、昼ごはん(妻が作った弁当)を持たせて、待ち合わせの公園へ。

4人のパパが集まりましたが、それはもうカオスな状態でした。
2歳~5歳の子供が集まるのですが、4歳、5歳の子供は一緒に遊ぶことが出来ますが、
2歳、3歳の子供は一緒には遊べません。折角集まったのだから一緒に遊べばいいのにと思い、子供達を集めては砂遊びや滑り台をやらせようとしましたが、一緒に集まることをしません。うちの子は公園を外や周りをぐるぐる回っているだけ。棒を見付けては、武器のように持っていました。

他のお子さんは母親がいない、おじさんが多いことで泣いてしまう子もいました。

自分のイメージではお昼ご飯はみんなでレジャーシートを敷いて食べることを予想していましたが、お腹がへる時間がそれぞれ違うので、皆別々にご飯を食べることになりました。

結局、集まったというよりはそこに居合わせたパパ達になってしまいました。
でも30分くらいは皆と一緒に遊ぶことも出来たので、良かったと思います。

数時間でしたが、妻は大喜びでした。家事がはかどった!と。

パパ達はまた集まりましょう!そう団結して解散しました。
段々と子供達も慣れてくれれば良いのですが・・・・

ご愛読有難うございました。

2課の店長③
2課の店長③

続きです。
自分は思っていることを全部言いました。
2課の店長はしょんぼりしいましたが、お構いなしに
「先に失礼します。」
そう言って店をでました。

すぐに会社に帰り、役員のところに行きました。
役員は
「ん?どうした?」
「1課と2課の営業マン入れ替えの件、断りましたのでお知らせします。」
「ああ、あの件か。だろうな。だめだめ君がそんなことOKするはずないよな。わかったわ。」
とこれだけで終わりました。もっと役員から圧力があるのかと思いましたが、すんなりこれで終わりました。
部屋から出ようとした時に
「だめだめ君、もしかしたらもっと忙しくなるかも。」
と言われました。なんとなく予想ついましたが、仕事も詰まっているので真意は聞かずに部屋を出ました。

それにしてもずる賢い人でした。


ご愛読有難うございました。

2課の店長②

2課の店長の悩み相談は続きました。
永遠と「俺はこのままではクビになるかも。」、「営業マン達がやる気がない。」、「稟議が通らない。」、「売り上げが悪くて死にそうだ。」と繰り返していました。

自分は「協力できることはしますので、何でも言って下さい。」
とその都度言っていましたが、2課の店長にこういわれました。

「だめだめ店長、1課と2課の営業マンを入れ替えてくれないか。」
驚きでした。さらに
「上には俺が話を通しておくから。2課の営業マンが1課に移ればやる気も出るし、お互い競争になって相乗効果につながると思んだ。」
自分は返事をせずに黙って聞いてました。そうしたら話が段々とすり変わっていくのです。
「もう入れ替えの件は上に話を通してあるから、あとはだめだめ店長の意向だけだから。」
と。
こいつ仕組んだなと思いました。
仕事についてわからないことは教えてあげることは全然構いません。
しかし、営業マンの入れ替えを行い、簡単に売り上げを伸ばそうという
発想が気に入りませんでした。
多分、社長か役員に泣きついて、この提案をしたのだと思います。

そもそも1課2課に分ける時に2課の店長が好きなように営業マンを選び、1課は人手不足で人員募集をかけた経緯なのに、よく平気で言えるな~と思いました。

自分ははっきりと「嫌です。絶対に嫌です。」
「じゃあ、半分づつでも良いから、入れ替えを頼むよ。」
「嫌です。今いる人達は優秀な方なので、絶対に嫌です。それに入れ替えしたとしてもあなたがそんな考えではまた営業マン達はやる気を失くすでしょう。入れ替えることよりも不動産のこと、マネジメントのことを猛勉強して、稟議を通せるようにしたほうが良いのでは?」
「そんなことはわかっているよ。毎日勉強してるさ。クビがかかっているんだ。」
と言い訳を続けていたので
「自分だっていつクビになるかわからないんですよ!」
強い口調で言いました。さらに
「あなたは社歴も長いし、上層部との付き合いも長い。しかもイエスマンだから、売り上げさえ適当にやっとけば、クビにはならないでしょう。自分は上層部に文句を言うので、気に入られていない。今は適任がいないから、自分が店長になっているだけです。何か大きなミスをすれば、1回でクビですよ!あなたは店長就任以来ずっと赤字ですよね。でも今も店長に居られるのはなぜですか。仮に自分が就任以来赤字だったら、確実にクビですよ。甘えないで下さいよ。自分の実力をつけることが先でしょう。それを営業マンのせいにするのは店長失格だと思いますよ。」

続きます。

2課の店長①

不動産部門は元々は1つでした。赤字が続き1課、2課へ分けました。
自分が1課の店長へ。2課の店長は引き継ぎになっております(元自分の上司にあたります。)

2課の店長は就任からずっと赤字続き。げっそり痩せていまい、精神的にも
大変そうな感じです。不動産未経験、店長未経験で他の部門から不動産部門
の店長へ就任したので仕方がないと言えば仕方ないのですが・・・・。

会社では部屋が離れているので、廊下やトイレで会うぐらいです。
自分の携帯に2課の店長から電話がありました。元気のない声で
「だめだめ店長、お昼一緒にどう?」
「了解しました。○○食堂で良いですか?」
○○食堂とは会社の近くにある食堂です。
「いや、△△居酒屋で。」
△△居酒屋はお昼にランチ営業をしている会社から車で10分ぐらいのところにある居酒屋です。
「了解しました。12時半には伺います。」
「よろしく。」
こういうやりとりがあり、電話を切りました。

お店に入ると2課の店長は既にいました。
悩みを相談されました。
「売り上げが伸びなくて困っている。このままではクビか、もとの部門に戻される。」
社内で噂にはなっていましたが、不動産2課は営業マンのやる気がなく、事実上機能していないと聞いていました。
自分も営業周りをしている時に2課の営業マンの車がパチンコ屋の駐車場に停まっているのを何度も目撃しました。

この2課の店長の下で自分が働いていた時は、仕入れの稟議が通らず大変な思いをしました。
今も稟議が通せないようで、営業マン達がやる気を失くしているようです。
そしてその営業マン達が1課に異動させてくれとも言っているようです。

長くなるので続きます。

バーニャ


うちの子供は基本野菜が嫌いです。
にんじん、ピーマン、キャベツ等々緑黄色野菜は嫌いです。



妻は野菜炒めを作ると細かく切ってご飯に混ぜて食べさせます。
ご飯に少しでもキャベツやにんじんが見えると子供は首をふって
食べません。なので、細かく切った野菜炒めをスプーンに少しすくい
その上にご飯を乗せて、野菜は見えないようにして食べさせます。

こうすると子供はなんとか食べるのです。

最近は最も好きな物があるのです。それはバナナです。
少し前もバナナが好きでしたが、今ははっきりと言うのです。

「バーニャ」と。

ご飯を食べようと家族で食卓につくと子供は冷蔵庫を指差して
「バーニャ」
と言うのです。妻は
「ご飯食べてからバナナは食べようね。」
「バーニャ」
妻がご飯を食べさせようとしても首を振って
「バーニャ」
これを何度か繰り返します。そして妻が強い口調で
「だめ!マンマ食べて!」
これを言うと子供は泣きながら、口を開けるのです。
「バ~ニャ~。」
と言いながら。そして妻は空いた口にご飯を入れます。
子供はまだ諦めきれず、
「バ~ニャ~もぐもぐ。」
これを何度か繰り返してご飯が食べ終わります。
そして椅子から降りて、急いで冷蔵庫の前まで行き、
どや顔で「バーニャ!!」

妻は
「はいはい。バナナね~。」
そう言ってバナナを出すと、子供は踊るのです。
足をばたつかせて・・・・

そして口いっぱいにバナナを頬張るとニコッと微笑みます。

なんともかわいい!!
親ばかエピソードでした。

ご愛読有難うございます。

平成30年9月カードの引き落とし(ToT)/~~~
平成30年9月カードの引き落としです。

保険     14,917
携帯代2人  21,982
雑費     18,922

合計     55,821

現在の貯金額は・・・・・
1,476,387円

150万円また切ってしまった!!

貯金頑張らなければ!!

ご愛読有難うございました。

筋肉痛


先日の泥かきをして筋肉痛が凄いのです。

特にわき腹が・・・・少し腕を上げるだけで
電気が走ります。

子供を抱っこする時に痛みに耐えることができず、抱っこが出来ませんでした。

子供は大泣き。

「ごめんね~。治ったら抱っこしてあげるからね~。」
と言いますが、子供は意味がわからず、大泣きを繰り返しています。

若い時の筋肉痛とは違い、本当に痛いです。
筋のほうも怪我をしていると思います。

妻からは「運動不足だね~。」
と呆れ顔で言われ、ちょっと悔しかったです。

そんな妻も庭の草取りを少ししたようで、太ももが筋肉通
で痛いようでした。似たもの同志です。

さらに自分が子供と寝ていると朝にわき腹におもちゃの車を走らせるのです。
激痛で目が覚めます。早く治ってほしい・・・

ご愛読有難うございます。

子供との時間が・・・・


朝起きて、子供をベビーカーに乗せて近くのパン屋まで朝食を買いにいくのが、休日のルーティンです。
パンを買い終えて、家に戻っている途中に電話が・・・・会社からです。
「だめだめさん、○○の物件クレームが入ってます。至急対応願います。」

すぐに家に帰り、作業着に着替えて現場に直行。
悲惨でした。

解体した現場の土が道路に流れ込んでしまい、隣接の家からのクレームでした。
さらに役所の人も来て、現場の空気はピリピリでした。

流れ出た土はリフォーム部門の人達と一緒にスコップで戻して事故等につながる
ことはありませんでしたが、近隣の方の怒りは頂点でした。
隣接の方には何度も謝り、許してもらいました。
また役所のほうにも今後の対策についてなど、1筆書かされました。

家に帰ったのは夕方。

今度は妻の機嫌が良くありません。
休みが急遽返上になったのが原因です。
それから買い物に出かけて、妻の大好きなブッフェに行きました。

妻は少し機嫌が直りましたが、これからもこんな事が続くの?と言われ
考えさせられました。店長職は本当に大変です(ToT)


ご愛読有難うございました。

会議
店長会議がありました。これは8月の売上の発表する会議です。

不動産部門はもともとは1つの部でしたが、赤字が続き、1課、2課へ分けました。
赤字も1課、2課で半分に分けて、まずは赤字を解消することで鋭意頑張っています。

自分が所属する1課の8月の売上は良かったです。赤字が25%解消されました。
しかしまだまだ赤字は残っております。
2課は8月も赤字。これで5か月連続赤字で2課の店長はかなり絞られていました。

会議が終わると不動産部直属の上席にあたる役員から自分だけ呼び出しされました。

それは12月迄に1課の赤字を解消しろと言われました。かなりの命題です。
自分は3月までに赤字を解消すると上層部と約束をしましたが、上層部は
それでは決算期の時に利益が出ないと。12月までに赤字を解消して、1月~3月は
黒字を上乗せにする月にしろと。

役員は2課の赤字が大きすぎて困っていると嘆いていました。
これでは1課・2課を合わせた不動産部では赤字になると。

なので、1課は12月までに赤字を解消しろと。
簡単に役員は言いますけど、12月までは正直かなり厳しいと思います。
自分は「1月迄では駄目ですか?」
と聞いたら役員は大激怒!
「だめだめ!お前はいつも何かしらの条件を付けてくるな!上席に対して交渉を持ちかけるのもいい加減にしろ!交渉は取引先や客とやれ。上席にするもんじゃない!俺がやれと言ったらやれ!それがサラリーマンだろ!」
と怒られ返す言葉がありませんでした。
「申し訳ありません。」
と謝り1課に帰り12月までに赤字を解消することを伝えました。

残り4か月間、営業マン1人1人のノルマを割り当てました。
結構な売上数字になります。休みが取れるか心配になってきました。

ご愛読有難うございました。

会合で・・・・パパ会の話


同業者の会合が先日ありました。
それに出席して、仕事の情報交換をした後、プライベートな話になりました。

その席で話をした方々もお子さんが2歳~3歳の子がいて、苦労話で盛り上がりました。

やはり子育ての話の中心は妻のストレスについてです。
1人の方の話は壮絶でした。

普段は仕事が終わるのが遅く、子育てに参加が出来ないようです。
その人の奥様のストレスは頂点に達していたのですが、本人は
全く気付かずにいました。

そして休日に家族で買い物に出かけた車中で奥様がキレたようです。
買い物中も奥様がキレたままで、文句をずっと言っていたのに対して
言いかえしてしまったことで奥様がさらにキレてしまい、奥様は子供を
車に乗せて、その人をスーパーに置いたまま帰ってしまったそうです。

スーパーから家までは7キロぐらいあり、その人は歩いて帰りました。
携帯、財布は持ってなく、無一文のため歩くしか方法がなかったようです。

これを聞いた周りの人達は「す、す、すげぇ!!」とびっくりしていましたが、
皆、家庭と仕事のバランスで悩んでいるようでした。

そしてその中の1人が「今度パパ会やりませんか?休日に子供を連れて公園で集まりましょうよ。それで奥さんは家で休ませる。これをやったら絶対に奥様方は喜ぶと思いますよ。」
他の人達も
「いいですね~。やりましょう。」
ということになり、お父さん4人とその子供達で公園に集まることを約束しました。

妻にこのことを話したら大喜び!
毎月1回パパ会をしてほしいと言ってました。

ご愛読有難うございます。



プロフィール

no money 

名前:<だめだめ営業マン>
貯金がない 仕事出来ない
駄目男の貯金ブログです。

子供が生まれたばかり
手取り給料18万円

どうなることやら

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR