FC2ブログ
だめだめ営業マンの貯金日記
駄目な営業マンの貯金日記
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

反撃②
さらに役員は
「うちの会社短期間で大きくなりました。零細企業を脱しようとしています。それなのに
社長の気分次第で従業員に辞めるとは見ているこっちも気持ちの良いものではありません。だめだめの言ってることは結構正しいかもしれませんよ!相手に辞めさせるとか給料面で不遇な体制にするとか、そういうことは止めませんか?会社が赤字ならおわかりますが、赤字でないのなら私も給料面について社員にプレッシャーをかけるのは嫌です。」
社長は腕を組み目をつむって下を向きながら
「お前もだめだめの立場なのか?」
「立場とか関係ないです。私は会社を良くしたいだけです。大きくなる会社を見ているのは楽しいし、嬉しい。しかし、何かとこちらサイド(経営者側)から社内方針の案を出すと辞めるとか辞めないとかの騒ぎになるのは私も嫌なんです。今は人手不足です。人手不足で無かったらこんな生意気な奴クビにして、他の人材を雇えばいいのですが、それもこの状況下では難しいです。こいつも人手不足を分かっていて会社に文句を言っているんですよ。だから従業員は会社にとって本当に貴重な人材財産なんですよ。」
20秒程無言が続くと
「もう終わりか?」
「はい。」
役員が答えると
「だめだめはどうしたい?」
自分は以下の3点を言いました。
・今回の新築赤字物件は2課で売れたとしてもボーナスを支給して下さい。
・今後歩合給の見直し・給料体制の変更は会社が赤字、売り上げが大幅減にならない限りしないでほしいのと提案をしてくることも辞めてください。
・今回の新築のように余計な手出しをするのは止めてください。
「お前は本当にはっきり言うよな。腹が立つを通りこして呆れるわ!」
ちょっと怒り気味にいってきました。
さらに続けて社長は
「この3点を簡単に了承するわけにはいかないよ。お前らの会社ではないからな。
その点は勘違いするなよ。それと2課を無くす。これは絶対条件だ。」
「え!2課無くすんですか?」
「あんな課はいらん。1課に吸収してもいいし、他の課に回してもいい。
だめだめに任せるから。取捨選択は任せる。」
店長という身分でここまでやりたくないので、
「それは、上層部でやってい」「だまれ!」
と一喝されました。
「お前は経営のことまで口を出してきたんだぞ。
2課の解体作業はお前がやれ!口答えは絶対に許さん!」
「かしこまりました。」
「それから役員も2課解体の件は手伝え。」
「はい。」
「至上命題、今期売上を不動産部で○○○円やれ!絶対だからな!出来なければ二度と
 経営に口出しするな!調子になるなよ!今日のことは俺は一生覚えているからな!」
怒りが収まらないのか、結構怒っていました。

社長室から役員と一緒に出ると
「役員さん、やればできるじゃないですか!」
と言うと、後頭部を少しこづかれ
「お前のせいで、寿命が縮んだぞ!あ~胃が痛い!」
とお腹を押さえながら言い、役員室に帰ってきました


今回、ひやひやしましたが、反撃出来て良かったです。
3点の件を了承してもらったこと、そして役員が社長
に対して物言いをしたことが、本当に良かったです。

ご愛読有難うございました。

スポンサーサイト



反撃①


会社との関係が非常に悪すぎる自分。
いつクビの宣告をされてもおかしくない状態です。

いつも受け身でいるのは嫌なので、
こちらから反撃にでることにしました。

自分は役員に電話をして
「お忙しい所、申し訳ございませんが、話がありますので
 お時間宜しいでしょうか。」
「え!なんだよいきなり。まさか辞めるとか言うんじゃないだろうな?」
「会ってからお話します。社長も同席してほしいのですが・・・・」
「勘弁してくれよ~。だめだめ。頼むよ~。まず俺が話を聞くから
 社長との同席はそれからにしてくれないか。」
「嫌です。社長も同席してください。」
「もうわかったよ。本当に強情な奴だな~。今確認するから。」
五分後

「今から時間取れるそうだから、社長室に行ってくれ。
 それで何の話をするんだ?」
「だから会って話をします。」
「だめだめ、頼むから社長の機嫌を損なわないでくれよ~。な、いいな、頼むな。」
「会ってから話をするので、そんな事まで考えていませんよ。」
「おいおい。お願いだよ~。」
「とにかく今から社長室行きますから。役員さんも同席お願いします。」
「ったくもう。」
電話を切り、社長室に向かいました。
社長室に入ると既に機嫌の悪い社長がいました。
席に座り
「で、話ってなんだ?」
と社長から言われたので、
「今の会社のあり方ってどうなんですか?」
「会社のあり方?なんだ?また金(給料)の話か?」
「違います。自分はもう疲れたんですけど。いつも受身な状態が・・・・」
「はっきり言えよ。何が受け身なんだ。」
「社長、自分のことどう思っています?会社に居ないほうが良いですか?」
「・・・・なんだ辞める話か?」
「それはこれからの話次第です。」
「お前が辞めたければ、辞めればいいさ。」
「自分は会社の従業員に対する姿勢で決めたいと思っています。」
「姿勢って何だよ?金(給料・歩合)の話か?今の給与体制から変えるつもりはないぞ。」
「いえ、給料の件ではなく、上層部の姿勢です。今後も歩合の見直しや今回の新築の件みたいなことってあるんですか。」
「そんなのわからん。」
「わからんじゃ困るんです。」
役員はヒートアップしてきそうな自分に
「おい、言葉に気を付けろよ。」
と言ってきました。
社長は結構な剣幕で
「具体的に言え!奥歯に詰まった言い方するな!」
「はっきり言います。1課がどんなに頑張っても2課の赤字があり、
赤字が大きくなると不動産部全体の歩合給を下げると言ってくる。
社長の新築が売れないとまた大赤字になるから、歩合給下げるって言わないですよね?
その度に自分は会社と戦い、阻止してとこの連続にはっきり疲れましたよ。」
「それで?疲れたからどうなの?」
「今後このような事が続くのなら、今のうちの会社を辞めたほうが良いと思っていますし、1課の出来る営業マンも皆そう思っています。」
「あっそう。じゃ辞めれば・・・・」
「社長!!それはないでしょう!」
役員がいきなり突っ込んできました。社長も自分もちょっとびっくり。
「自分の機嫌で簡単に言わないで下さいよ!1課の実績は申し分ないのは
 確かです。社長が気に入らないからって〝じゃ辞めれば″はないでしょう。」
役員が社長にこんな剣幕で意見するのは初めて見ました。

続きます。

令和元年10月の給料!(^^)!
令和元年10月の給料は・・・・・


389,010

住宅ローン 75,000円
生活費    80,000円
合計     155,000円

そして貯金額は・・・・・

2,305,382円

引き続き頑張らなければ・・・・

ご愛読有難うございます。
腹の立つ社長④


役員室に入ると
「座れ。」
と言われ、役員はかなり怒っていました。
「だめだめ、何でお前はいつも社長を追い詰めるんだ?」
「やり方が汚いからです。」
「でもよ~、お前サラリーマンだろ。上席には従うのが当たり前だろ。」
「それはそうですよ。自分だって文句が言いたい訳ではありませんよ。
 例えば始業時間を早めるとか、終業時間を遅めるとか、そういうことは
 従いますよ。嫌なのは、何度も何度も言ってますが、食い扶持が潰されることですよ。自分はいつも給料や歩合の件については煩いですよ。だって自分達は公務員ではないんですよ。物件を売らないと生活できないのですよ。2課で仕入れた土地に社長の意向の
新築が建ち、売れないから1課に売らせるっておかしいですよね。しかも2課の店長を責めるのもおかしいですよ。そのうちに絶対に2課の店長はおかしくなっちゃいますよ。今だってギリギリの精神状態でしょう?会社は気づいていますか?」
「そんな事は俺も気づいているよ。でもそれまでの器ってことだろ。仮に2課の店長を
外しても、あいつはおかしくなるよ。そういう生き方をしてきたから仕方ないんだ。」
役員は続けて
「それより、だめだめお前のことだ。2課の店長より、自分の心配をしろ。
 今まで何度も社長に歯向かってきたけど、俺はもうかばいきれない。
 お前がどんなに売り上げや利益を上げようが、あんな口のききかたでは、
俺の胃がもたん。お前が店長になってから、胃薬が手離せないし、俺も
社長からどういう教育しているんだって怒られるだぞ。」
「では、役員は今回の件は社長が合っていると?」
「合っている、合っていないの問題じゃないんだ。お前はサラリーマンなんだ。
お前はあの新築物件を2つ返事で受けて、黒字で売ってくることがサラリーマンの
仕事なんだ。やりもしないで能書きばかり言ってないで、やってから物言えよ。」
「仮にやって売れたら、社長は調子に乗りますよね。俺の考えた家が売れた。次回も
俺が考えてやろうってなりませんか。あんな物件2度とごめんですよ。買って頂く
お客様にだって申し訳ない。役員さん、自分はあなたにも社長を放置した責任があると
思いますよ。役員さんはこの物件売れないと思ったでしょ。」
「少しな・・・・」
「何で止めなかったんですか?」
「俺だってサラリーマンみたいなもんだから、社長の意向には逆らえないんだ。」
「結局、赤字になって首が閉まるのは役員さんでしょ。」
「その話はもういい。全く理詰めばかりしやがって!お前と俺は考え方が違い過ぎる。サラリーマンは黙って、上の言うことをきくんだ!それが嫌なら独立して、自分でやれ!とにかく次はかばわないとだけ言っておく。いきなりクビと宣告されても、驚くなよ。それぐらいのことをお前はしたんだからな。」
「かしこまりました。ただ役員さん、脅すわけではありませんが、自分はクビになっても
全く構いません。手前味噌ですが、自分で築き上げた人脈があります。だからここの会社に未練もありませんので、言われればいつでもその覚悟はありますから。」
「そうか。それは良かった。」
「最後にもう一つ、自分が辞める時は、1人ではないことだけ伝えておきます。」
「もういい!わかったから、仕事に戻れ!」

クビ宣告一歩手前の報告でした。
次歯向かったら、クビのようですね。
いつか歯向かっているとこうなると思いつつ、
結構早かったので、驚きました。

でも前々から上の人達は歩合給の見直しを打診してきたり、
会社にとって有利、営業マンにとって不利な事をしかけてきます。
その度に戦ってきました。いつも仕掛けてくるのはあちらから。
こっちは防御だけ。だから、こっちも言われたら、仕掛けない
と駄目だと思い、今回は仕掛けました。
そちらが辞めるというなら、辞める覚悟はあると。さらに自分だけではなく、
他の営業マンも辞めるぞということです。そうすると1課は無くなると
思います。1課がなくなると2課の赤字だけになり、不動産部は廃部
となると予想しております。

そうすると役員の立場は悪くなる・・・・

ご愛読有難うございました。

腹の立つ社長③
社長は責められるのが嫌なので
「それはいいから、早く先の話をしろ!こっちも忙しいんだ。」
「何度も言いますが、嫌です。社長は〝何で売れないんだ?″って
 責め立てますが、自分から質問があります。何でこんな間取りを作った
のですか?教えて下さい。」
「良い物(間取り)を造れば、売れると思ったからだ。」
「この○○○万円という高過ぎる価格で?」
「そうだ。」
「3割以上価格設定が高過ぎです。この価格なら□□□駅徒歩5分以内の相場です。
 販売しているエリアでは売れません。」
ここまで話して、役員が
「だめだめ、もういいだろう。先の話をしろ。」
自分も結構言えたので胸のつっかえがすっきりしました。
「先の話をしますと最低でも2割5分価格を下げて販売しないと売れません。」
「その時点で赤字だろ!」
と社長が怒鳴りました。
「そんな事言うなら、社長が売って下さいよ。自分で作った間取りでしょう!」
と自分も返すと
「だめだめ!いい加減しろ!言葉に気を付けろ!」
と役員から一喝されました。
「じゃどうしますか?売れない価格のまま販売しますか?それに価格を下げて
売れても問題が大ありですからね。この赤字の新築は売れた場合どちらの売上
計上になるんですか?1課ですか?2課ですか?」
「それはまだ考えていない。」
「何で考えないのですか?こっちは先の話をしているのに、上層部は目の前の
ことにあたふたして、先のことすら考えていないですよね。それじゃ困りますよ~。
1課に担当されても、営業マンは誰もやりたがらないですよ。何で赤字の新築売って、
歩合給下がるの?ってなりますよね。今度1課が販売して、赤字計上は2課だってなれば
1課だってなんのために販売しているか意味がわかりませんし、2課だって1課が赤字で売ってなんで計上は2課なんだ?ってなるわけですよ。こんなことも考えずによくもまあ2課の店長を叱責しましたね。」
役員は
「だめだめ失礼だぞ!今はそんなこと言っても仕方ないだろう。協力しあって先のことを考えよう。」
「先のことを考えているから、先のことの問題点を挙げているんです。1課は皆一生懸命で黒字にしてます。自分も一生懸命に黒字にしようと頭フル回転で、汗かきまくって頑張っています。その一生懸命やっている所に〝赤字の新築物件の販売をやってくれ″って言って誰が手を挙げますか?」
「もういい。お前は仕事しろ。1課に販売は無理だ。2課に引き続きやらせる。」
社長が言い、終わりました。

1課の部屋に帰ると営業マン達が、この件について気になっていたようで
「だめだめ店長、どうなったんですか?」
「引き続き2課が販売することになった。」
「良かった~。」
と安堵の声が上がりました。

しかし、その後に役員から呼び出されました。

続きます。

腹の立つ社長②
会議が終わり、それぞれの責任者が出て行くと
「だめだめ、どうせ文句があるんだろ?」
と社長から言われ
「当り前です。」
とはっきり言いました。
役員も同席しており
「だめだめ、頼むから穏やかにな・・・・。」
と自分が社長に対して失礼な口でもきくのではないかと
心配そうに言ってきました。

「で?何だ?」
「この新築、1課では販売したくありません。」
「何で?」
「価格設定が滅茶苦茶です。」
「どうして?」
「どこからみたって高いですよ。」
「そうか?何で?」
と何回も何で?どうして?を繰り返してくるので、
「社長、その何で?どうして?止めてもらえませんか。話合いに
なりませんけど・・・・。」
「価格が高い理由を教えてくれよ。」
と社長に言われたので・・・・
「何で?」
と返したら社長がムっとした顔をしたので
「社長、こう言われたら嫌でしょう。大人なんだから。」
と自分が言うと、役員から
「だめだめ、早く理由を言え!」
と怒られました。

「大した理由なんてありませんよ。価格が高いだけです。間取りに無駄が多く、建築コストが膨大になってしまったことです。完成してしまったから、販売価格を大幅に減額することも難しいと思いますが。」
「で?」
「で?じゃなくて、今度こちらから聞きますが、社長はいくらでこの物件が売れると思いますか?」
「○○○万円では売れるだろ。」
「全く売れませんよ。はっきり言いますが、絶対に売れませんよ。そんな価格で買う馬鹿
な客は皆無です。」
社長は怒った感じで
「否定的なことばかり言ってないで、先のことを言え。」
「先のことなんか言いませんよ。その前にどうしてこうなったかを考えるようが
大事では?」
すかさず役員が
「だめだめ、社長も時間がないんだ。先の話をしろ。」
「嫌です。この際言わせてもらいますが、今回の件、本当に腹が立っています。
 自分達だけじゃありません。営業マンも腹が立っています。社長は客とも接して
ないから、今のトレンドがわからず、社長好みの家を造っただけではないですか。
価格も高い、間取りも無駄が多い、それで売れないからって2課の店長を怒るのは
筋違いでは?」
「俺は2課の店長に間取りが出来た時に相談したんだぞ。
 あいつも了承したんだからな。」
「そりゃ了承しますよ。2課は赤字なんですよ。社長の意向を
忖度するのは当り前でしょう。2課は普通に営業したって赤字
なんですよ。そこに社長が協力すると言われ、社長のやっていることに
口出しできると思いますか?口を出したら、社長は言うでしょう。
〝赤字なんだから黙ってろ″って。2課の店長はそう言われるのが嫌だから
黙って社長の意向をのんだ訳ですよ。」

続きます。

腹の立つ社長①


今、不動産2課が大ピンチです。
以前にも投稿しましたが、2課は赤字物件を抱えていました。

全部は売れてませんが、あと2件の赤字在庫を抱えています。

この赤字を脱出しようと社長が動いたのです。


全くお客様と接しない社長が新築の間取りを考え、
出来上がった間取りで新築を建てると言ったのです。


その時に2課の店長が社長の作成した間取りを見せに来ました。

検討違いも甚だしい間取りで驚きました。
無駄な所が多く、家が大きすぎるのです。

家が大きすぎるということは建築コストも
多くかかるので、販売する価格が高設定になります。
しかも水廻りのキッチン、浴室、洗面台も高級仕様にしてしまい、
販売する価格がかなり高く、市場にマッチしていないのです。

2課の店長は「社長の意向なので、これで進める。」と言ったので、
猛反対しました。
「こんな事したら、もっと赤字になる!」
「今期に売り切れない!新古(新築完成から1年経って売れていない物件は新古)になる!」
と何度も言いましたが、聞く耳を持ってくれませんでした。

2課の店長は社長の意向に忖度している感じだったので、
「自分が代わりに社長に言いに行こうか?」
と言いましたが、

「余計な事はしないでほしい。」
と言われたので、見守っていました。

新築が出来た当初は、この辺では見ない価格なので、
お客様はどういう家か一度見てみたいという反響が多く、
これを目にした社長は
「俺が設計した家は人気があるな~。」
と胸を張っていました。

しかし、誰も買いません。むしろ買えません。
反響は多く、頻繁にお客様を案内してますが、
価格が高過ぎで契約になりません。
ただ見て終わりが何十回も続きました。

そして、数日前に会議で社長がキレたのです。
「何で売れないんだ!」と。
2課の店長は慌てて、
「次の客で絶対決めます!」
と根拠のない言い訳をしていました。

社長は間髪入れずに
「売れなかったら大赤字だぞ!どうすんだ!」
と怒鳴っていました。

〝どうすんだ!″って社長が考えた家なのに、
2課に責任を転嫁するのかよ~と心の中で思っていると、

もういい!2課は止めだ!
今度は1課に販売させる!

と言い出したのです。

自分はえ!って顔をしていると

「ダメダメ頼むな。」と言われただけでした。

ヤバイ赤字物件を拾うことになると思い、

「ちょっと待って下さい!」

と言いましたが、社長は

「後で聞いてやるから、今は黙ってろ。」

と言われました。


続きます。

台風の被害
台風が去った後は必ずクレームの嵐!
・現場のゴミが飛んできた!
・雨漏りした!
・壁が落ちた!
等々
大忙しになります。

こういった台風被害は火災保険で保証してもらうのですが、
保険屋さんも忙しくて、なかなか連絡がつかないのです(ToT)


賃貸管理は大変なようで、目の回る忙しさです。

もうこんな台風は2度と来ないでほしい<(_ _)>

ご愛読有難うございました。

ううう・・・・喉が・・・・
急に寒くなりました。
この季節の変わり目、必ず風邪をひく自分。

妻から言われていました。
「そろそろ季節の変わり目だから、風邪気を付けてね!」
「おう!わかったぜ!体調はバッチシだから、大丈夫!」
と昨日言ってましたが、本日の朝からなんか喉がいがいがして、
そして夕方には痛いのです。

どんなに気を付けていても風邪をひいてしまう自分。

妻に報告したら
「もう!子供に移ったらどうすんの!!」
「すみません
と謝るばかり。

子どもに移らないことを祈るばかりです。

ご愛読有難うございました。

もしかしたらこれが子どものいやいや期


発達支援施設の先生から言われたことは
「子どもは順序を追って成長します。首が座り、
ハイハイをして、つかまり立ちをして歩く。そして
いろいろな物に興味が出て、指差しをして、いやいや期を
経て自我が芽生える。」
と・・・・

うちの子供は2歳ごろにいやいや期があったと思っていました。
しかし、今思うとあれはいやいや期ではなく、まさに今がいやいや期!
大声で泣き、気に入らないと自分を叩き、物を投げる、ひっくり返る。
子どもは重いので、壮絶な状況です。

そして幼稚園の先生からも
「息子さん、最近ずっと泣いておりますが、家でもそうですか?」
「家でも自分の思い通りにならないと泣いてばかりです。」
と妻が言いました。

先日、家でも納得がいかないと泣いてばかり、怒ってばかり。
本当に大変です。これで自我が芽生えてくれると嬉しいのですが・・・・

支援施設の先生は
「息子さん、まだ自我が芽生えていないですね。ただ自閉症の傾向は
強くあります。自我が芽生える前に訓練したほうが、良いですね。」
といわれました。

とにかく言葉を早く話して欲しいです。

こっちの言っていることは、理解をしている。
数字はわかっているのですが、会話が出来ません。

いい方向に向かってくれれば良いのですが・・・・

ご愛読有難うございました。

発達支援施設からの助言
先日、支援施設に妻と自分で子供のお迎えに行きました。

その時に療法士の先生からこう言われました。
「息子さん、耳(音)でコミュニケーションを取っているのではなく、
目でコミュニケーションを取っています。」
私達夫婦は納得をしました。
「なるほど!」
確かに思い当たることが多々あります。

例えば、「おむつを取って。」と息子にお願いをした場合、
〝おむつ取って。″と言った場所や私達の目線、
指さしを見て、おむつを取る行動をします。
耳が聞こえない訳ではなく、目で見たシチュエーションで
コミュニケーションをとろうとしているのです。
そして少しおむつから離れた場所で
「おむつ取って。」と言っても息子は出来ません。
何で出来ないのだろうと思っていました。

謎が解けました、良いヒントを貰ったような気がします。

早くしゃべれるようになってほしいです。


ご愛読有難うございました。

子供の障害②

話は変わりますが、
私達夫婦は市が運営している支援学校にも見学に行きました。

週5日と週2日のクラスに分けられいました。

週5日クラスは申し訳ありませんが
障害が重い子供とはっきりわかりました。

週2日クラスは発達障害の子供ですが、
うちの子供を看ても週2日クラスの子供より
明らかに成長が追い付いていないのです。

しかし、週5日クラスの子供はご飯の時に
他人に見られるとご飯が食べられない、
初めての場所に入ることが出来ない、偏食が強い、
水が怖い、うちの子供はそのようなことはありません。


そこがまた悩ましく、決断がつかないのです。

市が運営している施設の先生も週2日(発達障害のクラス)を勧めてきます。
見学した時に同行した先生に
「うちの子供は週2日クラスの子供のように出来ませんよ。」
と言いましたが、
「週2日クラスか週5日クラスを選ぶのは、そこは親子さんの判断です。」
としか言いません。


病院で診断を受ければ良いのですが・・・・

これもまた賛否両論あり、幼稚園からは
「行ったほうが、良いのでは・・・・」
とこれも暗に言ってきます。

しかし、発達支援施設の先生からは結構反対されました。
それはまだ発達段階にあるため、絶対に判断がつかないと言うのです。
医者に診てもらっても不明のままで終わることが多いようですが、
中には診断を下してしまう医者もいるようです。
そうなると発達段階の大事な時期に
生活の仕方(訓練の仕方)が変わるようなので、
4歳、5歳までは診断は受けないことを勧めてきます。
しかし、それでも診断したいということであれば、
ご両親の判断でどうぞという
スタンスが発達支援施設側の意見でした。

本当に悩ましい事です。

ご愛読有難うございました。

子供の障害①


今、子供は三歳と数ヶ月です。
言葉はまだしゃべれません。

たまにママ、茶茶、ねんね(寝る)、ブーブー(ブドウ🍇)と話します。(時々です。)

しかし、身体は大きく、五歳と間違われます。

先日、ビュッフェのお店に行きました。
三歳以下は無料のお店です。

うちの子供は前述通り、三歳以下ですが、

「お子様のご年齢はおいくつですか?」
と三回聞かれました。

身体が大きいので、仕方ありません。

しかし、私達夫婦が今最も悩んでいることは、子供の奇声です。
いきなり「きゃー」とか 「あー」と奇声をあげます。

子供が二歳の時は周りの人達も
「元気な子供だわ~」
と言ってましたが、今では子供が奇声をあげると
(この子供大丈夫かしら?)
という目で見られます。

知能障害なのか、発達障害なのかはわかりません。

発達支援施設の先生は暗に発達障害の可能性が
高いと言いましたが、私達夫婦は知能障害ではないかと思っています。

私達夫婦はこの件で悩んでいます。

幼稚園からは退園を暗に迫られています。
他の子供とは明らかに違い、運動会も一部不参加でした。

発達支援施設では発達障害なので、幼稚園は辞めずに併用してくださいと言われています。

この間に挟まれているので、大変な思いをしています。


続きます。

子どもの運動会


子どもの運動会がありました。

子どもはまだまだ理解能力が乏しく、
先生の言うことも耳に入っておりません。

開会のセレモニーはプレ幼稚園から年長組まで全員で
踊りをしますが、子供はセレモニーは不参加でした。

そして、徒競走に時は音が鳴って、テープのゴールまで走る
ことが理解出来ておりません。自分の子供以外は全員理解できて
いるので、自分の息子は先生が手を取り引っ張る感じで、
行いました。先生からは事前に先生と手をつないでゴールすると
伝えられており、お願いしました。

運動会前この徒競走の練習では、先生が子供の手を取り、走ると少し走るそうですが、
途中で止まってしまい、また先生が手を取り、走りの繰り返しでゴール
をしてたそうです。
しかし、当日はゆっくりではありましたが、
先生が手を放しても最後までゴールを
しました。周りのお友達からも
「だめだめジュニア(子供)くん、一人で走れたね!」
と言われ嬉しかったです。

他の先生(園ではうちの子供を知らない先生はいない程、
いろいろな先生から面倒を看てもらっています。)
からも拍手を貰い、本当に良かったと思いましたが、
やはり他の子供とは全然違うことを目の当たりにし、
ショックなことも多かったです。

複雑な気持ちになりながら、妻と帰りました。
三歳なのに、ベビーカーに乗せて帰っているのは
うちの子供だけです。
(手をつないで歩いていると手を放して走ってしまう傾向がありますので、
 園から家までは遠いので、ベビーカーを持ってきました。)

親子リレーではクラスの子供達がお互いにコミュニケーションを
とっていました。
「○○君!じゃんけんしよう!」
「□□ちゃん!追いかけっこしよう!」
等々小さいながらもコミュニティが出来上がって
いましたが、うちの子供はしゃべれないというより
人に興味がない感じで、全く交ることも出来ません。

圧倒的に他の子供と違ううちの子供。他のお父さんも
うちの子供を気遣っているようで、うちだけ特別扱い
という感じでした。
いつもこの憂鬱さと(何とかなる!)という開き直りの繰り返しが続き、
自分も疲れています。

妻を励ましていた自分も最近は憂鬱になることが多くなりました。

いつになったら話のか・・・・・

ご愛読有難うございました。



プロフィール

no money 

名前:<だめだめ営業マン>
貯金がない 仕事出来ない
駄目男の貯金ブログです。

子供が生まれたばかり
手取り給料18万円

どうなることやら

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR